一般社団法人日本建設機械施工協会|Japan Construction Machinery and Construction Association

組織・会員

組織・会員

組織

組織

会 員 (構成と特典)

会員は、建設事業の建設機械化に関係ある団体会員、支部団体会員及び個人会員で構成されています。ただし、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「法人法」といいます。)上の社員は団体会員です。

なお、団体会員は、電力会社、製造業、建設業、商社、機械整備業、レンタル業、研究所、コンサルタントその他、団体で構成されています。

(平成28年3月31日現在)

会員

  • 建設機械施工に関心のある方は、どなたでも入会することができます。
  • 団体会員は、総会の議決権を有します。
  • 個人会員は、総会に出席して意見を述べることができます。
  • 支部団体会員は、支部の運営に参画できます。
  • 会員には機関誌「建設機械施工」(月刊)が配布されます。
  • 会員は、各部会の各委員会に参加することができます。(委託業務に関するものは除く)
  • 本協会の活動には官民の土木、機械等多分野の技術者が参加しており、会員は自由に意見を述べることができ、また、技術情報を収集することができます。若手技術者にとっては格好の研修の場ともいえます。
  • 会員は、建設機械および除雪機械の展示会、新機種発表会、見学会、講演会、講習会、建設施工研修会、及び海外視察団など本協会の諸行事に参加することができます。また、本協会の活動成果である各種出版物を会員価格(割引)で入手することができます。
  • 会員は、自社製品を「日本建設機械要覧」(協会出版物)に掲載し、また、CONET(建設機械と新施工技術展示会)、除雪機械展示・実演会、新機種発表会に出展することができます。
  • 会員は、施工技術総合研究所に建設機械の性能試験や施工法の調査研究を依頼し、また、施設の貸与や技術指導を受けることができます。

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本建設機械施工協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.