一般社団法人日本建設機械施工協会|Japan Construction Machinery and Construction Association

外国人技能実習制度

  • HOME »
  • 外国人技能実習制度

外国人技能実習制度

技能評価試験等のご案内

 当協会は、外国人技能実習生の建設機械施工技能実習評価試験(以降、「試験」という。)を実施しています。試験は、次の3種類があります。

① 初級試験(基礎級)——– 1号技能実習から2号への移行に係る試験
② 専門級試験(3級)——— 3年間の実習成果評価及び3号への移行に係る試験
③ 上級試験(2級)———— 5年間の実習成果を評価する試験

 ico_pdf 外国人技能実習制度と当協会

1.建設機械施工の技能実習生の技能実習評価試験について

 試験は、「定期試験」と「派遣型試験」で実施します。
 外国人技能実習機構(以降「機構」という。)からの「受検申請連絡票」に基づいて、これらの試験を実施します。
 当年度中に実施される試験については従来通りの対応としますが、平成30年度以降の試験につきましては、「定期試験」を主体として実施します。ただし、当協会でやむを得ない事情があると認めた場合は「派遣型試験」でも実施します。

(1)定期試験

 当協会が、下表のように試験日・試験会場を定めて実施する試験です。平成29年度と平成30年度では、実施方法が異なりますのでご注意下さい。

1)平成29年度
 
平成29年度の試験日等は、以下のとおりです。

◆試験実施日程

12月11日(月) 1月15日(月) 2月13日(火) 3月12日(月)
 受  付  9:00~9:30  受検票による本人確認を実施 
 学科試験  10:30~11:30  
 実技試験  13:00~  試験終了者から帰宅できます

◆試験場所
 一般社団法人日本建設機械施工協会 施工技術総合研究所構内
  住 所 - 〒417-0801 静岡県富士市大渕3154
  電 話 - 0545-35-0212
  アクセス - 鉄道 東海道新幹線 「新富士」駅下車タクシー利用
  自動車 新東名・新富士IC 又は東名・富士IC より(下記URL図参照)
        http://www.cmi.or.jp/cmi/map.htm

◆留意事項
 ・試験に使用する建設機械の操作方式は、掘削機械である油圧ショベルについては、「JIS 規格の操作方式
  (左操作レバー横旋回方式)」で試験を行います。
 ・随行者は控室を準備しますので、そちらで待機して頂きます。また、試験会場周辺に食堂等はありませ
  ん。ただし、食事場所は提供可能です。

2)平成30年度

 平成30年度以降の定期試験につきましては、下の「平成30年度定期試験について」でご確認下さい。

ico_pdf 平成30年度定期試験についてicon_new

(2)派遣型試験

 試験監督員を実習実施者等へ派遣し、学科試験と実技試験を実施するもので、試験会場、試験用資機材は実習実施者等で準備して頂きます。試験の実施日等は、実習実施者、監理団体等と協議し決定します。

この派遣型試験は、平成30年度から次のいずれかの条件を満たす場合についてのみ実施することとします。

  • 条件1 - 近郊の定期試験会場に受検する作業種がない場合
  • 条件2 - 定期試験会場が遠方であるなど、やむをえない事情があると当協会が認めた場合
  • 条件3 - 受検者数が10名を超え、かつ実習実施者が適正な試験会場と適正な試験用機械を準備できると
           当協会が判断した場合
  • 条件4 - 再試験等で延長申請に支障があると当協会が判断した場合

    派遣型試験実施の判断基準について

2.受検に関連する手続きについて

(1)受検の申込方法
 
建設機械施工技能実習評価試験の受検申込みにあたっては、次の「建設機械施工における外国人技能実習生の技能評価試験実施について」によりますので、熟読して下さい。

 ico_pdf 建設機械施工における外国人技能実習生の技能評価試験実施について

 建設機械施工技能実習評価試験の受検申込みにあたっては、次の書類をご利用下さい。

  受検希望情報(提出様式)様式5
  受検申込書(初級用)様式1(記入例付)
  受検申込書(専門級用)様式2(記入例付)
  受検申込書(上級用)様式3(記入例付)  

【受検申込書送付先】〒105-0011東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館2F 
            (一社)日本建設機械施工協会 外国人試験担当 宛

(2)新規に受検を希望する監理団体、または、名称、住所、電話番号等を変更した監理団体の登録変更手続きについて

 ① 初めて受検を希望される監理団体の場合、監理団体の基本情報を登録していただく必要があります。
  以下様式により手続きをお願い致します。外国人技能実習機構に「受検申請連絡票」を提出後、速やかに
  Eメールにて提出してください。(FAX可)
  ※ 本手続きがなされない場合、受検手続き案内書類は郵送されません。

  ② 過去に技能評価試験の受検実績を有した監理団体であって、団体名称、住所、電話番号等に変更が生じ
  た場合、提出してください。

 「建設機械技能評価試験監理団体情報登録フォーム(新規・変更)」様式4

 

3.試験関連資料

(1)学科試験

 学科試験の受検にあたっての参考資料です。本資料を参考にして受検準備を進めて下さい。

(2)実技試験(試験コース図)

 実技試験を実施する基本的試験コース図です。(試験場によっては若干コースの形態が変わります。)なお、受検にあたっては、事前に「建設機械運転要領書」を送付しますので、これに沿った運転等ができるよう受検準備をして下さい。

  ①(押土・整地作業:ブルドーザ用)
  ②(積込み作業:ホイールローダ用)
  ③(掘削作業:バックホウ用)
  ④(締固め作業:ローラ用)

 

 

(参考)
特別教育の実施又は技能講習の修了の資格に関しては、次の資料を参考にして下さい。

  建設機械施工分や実習における必要な資格の取得について(JITCO)

 

お問い合わせ

 一般社団法人 日本建設機械施工協会 
   外国人試験担当  専用ダイヤル:03-6809-1757  Eメール:ginou@jcmanet.or.jp

 

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらから無償でダウンロードできます。

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本建設機械施工協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.